劇団「東京芸術座」の北村耕太郎(本名・島谷嗣男)さん=西東京市在住=は、82歳の今も現役の俳優として活躍。東京芸術劇場で22日まで上演中の「KYOKAI 心の38度線」でも判事役を演じている。

 横浜市生まれだが、小学生の時に鯵ケ沢町へ。鯵ケ沢高校卒業後、演劇への憧れを胸に上京し、1968年に同劇団に入った。「12人の怒れる男たち」の陪審員8号が当たり役。「一生かかってもなれないような、いろいろな役をできるのが楽しい。悪役だって楽しいです」。みずみずしさの秘訣(ひけつ)は「若い団員たちと居るからかな」。