空自三沢基地のF35A戦闘機。事故機体の調査・分析を巡る日米の駆け引きが予想される
フライトレコーダーの一部を回収した「ファン・ゴッホ」(ウルトラ・ディープ・ソリューション社のHP)

 航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが4月9日に青森県沖太平洋上に墜落して1カ月。深海作業を専門とする日米船舶による懸命の捜索作業が続くが、操縦士は行方不明のままで、機体もごく一部しか見つかっていない。防衛省関係者、軍事専門家らから聞こえてくるのは捜索長期化への懸念と、「軍事機密の塊」(航空専門家)を巡って今後予想される日米間の駆け引きだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。