4月下旬、弘前市立東目屋中学校の3年生らが東京・浅草で弘前リンゴをPRした。修学旅行の一環で、道行く人にサンふじなどを進呈。応援に駆け付けた同校OBで現在「東京目屋会」の会長を務める三上千代志さん(82)=葛飾区在住=は「元気で積極的で昔の子供とは大違い。大したものです」と後輩の頑張りに目を細めた。

 同市東目屋地区出身。18歳で上京した。東京目屋会には東目屋地区と西目屋村の出身者が参加し、交流している。「何年たっても故郷ほど良いものはない。来年も生徒の活動を応援しますよ」