遅咲きの桜が来園者を楽しませた弘前さくらまつり。累計の人出は289万人と、記録が残る中で過去2番目の多さとなった=6日午後

 弘前公園(青森県弘前市)で開かれていた弘前さくらまつりは6日、閉幕した。4月20日の開幕から17日間の来園者数は計289万人(まつり本部発表)で、早咲きに伴い開幕前から「準まつり体制」に入った2008年の292万人に次ぐ人出となった。まつり本部は、会期中に桜の花が長持ちしたことや、改元関連イベントが盛況だったことが要因とみている。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)