家族や親戚に見送られる帰省客ら=5日午後、新青森駅

 初の10連休となったゴールデンウイークが終盤を迎えた5日、青森県内では、地元で休暇を過ごした帰省客らのUターンラッシュがピークを迎え、各交通機関が混雑した。各駅などで家族や友人らとの別れを惜しむ利用客の姿が見られた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。