着物姿などで、昔ながらの花見を楽しむ参加者

 大型連休後半の3日、青森県五所川原市金木町の芦野公園で、昭和30年代の花見を楽しむイベント「幻の観桜会(かんごかい)」(津軽鉄道サポーターズクラブ主催)が開かれた。市内や首都圏からの参加者約20人が着物やはかまを身にまとい、昭和の懐かしい雰囲気を堪能した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。