東門と美しい調和を見せる「八重寒緋桜」
弘前城情報館前の「楊貴妃」

 弘前公園の桜、実は60品種以上!? 公式には52品種約2600本あるとされている同園の桜だが、早咲き対策として増やしている遅咲き品種の鉢植えなどの中には、52品種に含まれていない品種もあるという。「桜の聖地」ともいえる同園は、主役のソメイヨシノのみならず、さらに楽しみの幅を広げており、10連休後半戦のこれからも十分楽しめそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。