浪岡町(現青森市)出身の声楽家・野呂妙子さん(85)=都内在住=がこのほど、音響効果の良さで有名な「キリスト品川教会」で、昨年に引き続きリサイタルを開いた。今回のテーマは「スペインの夕べ」。ピアノ伴奏でオペラ「カルメン」の楽曲を力強く歌い上げる野呂さんのバックで、フラメンコダンサーが華麗で妖艶な舞を披露した。

 合間には若いころのヨーロッパ生活の裏話も登場。「年齢を取っても目的を持ち、新しいものに挑戦したい」と語り、一輪のバラの花を客席に投げ込むパフォーマンスに盛大な拍手が沸いた。