桜守の橋場真紀子さん(右端)の解説を受け、遅咲きの桜を楽しむ参加者

 弘前さくらまつりは11日目の30日、曇り空にもかかわらず、平成最後の桜を楽しもうと29万人(まつり本部発表)が会場の弘前公園に押し寄せた。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。