東京都新宿区北町にある和食店「北町善知鳥(うとう)」の店主内山健(けん)さん(41)は青森市出身。料理に旬の本県産食材を使うというこだわりがある。

 青森南高校卒業後、大阪の調理師学校に進学。ホテルや料理店、箱根の旅館などで腕を磨いた。7年前に念願の自分の店を持った。

 開店まもなく、下北地方の食材を使ったイベント会場として店を提供したのがきっかけで県産食材に目覚めた。「青森にいたころは食材の素晴らしさが分かりませんでした」

 店内は、棟方志功の作品やこぎん刺しを飾るなど青森テイストが濃い。「将来は青森に帰って、店を出したい」と夢を語った。