全国各地で地域活性化に携わる人々が上京時に集まる神田の「全国うまいもの交流サロン NAMIHEI(なみへい)」。経営する平川市出身の川野真理子さん(57)は今月7日、同じ神田に2号店「fune(フネ)」=写真=をオープンした。

 「朝10時開店で、カフェあり、ランチあり、夜営業ありで、なみへいの3倍大変」と川野さん。自転車で両店を気ぜわしく往復する毎日だ。新店は「郷土食と日本酒」が売りの一つで、女性向けのイベントも企画中。

 「東京にいながらの地域活性化」に人生を懸け、「素人同然の身」からなみへいを立ち上げた。新たな挑戦に「『連携』の力がどれほどのことになるのか、人生最後の事業と思って力を試したい」。