機密の塊とされる空自三沢基地のF35戦闘機。最も機密なのはコンピューターのソフトウエアと専門家は指摘する
釜臥山山頂にある空自レーダーサイト=2017年8月、むつ市

 青森県沖太平洋上に墜落した航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aの捜索が難航している。日米の深海探索船の月内投入が発表されるなど異例の捜索作業が続いているものの、27日時点で機体発見には至っていない。なぜ長期化しているのか? 捜索の中で最も重視されている「機密」とは一体何なのか? 軍事、航空の専門家らに聞いた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)