高密植わい化栽培の試験園地で、ふじの苗木を植える安田さん

 青森県弘前市の弘果総合研究開発(大中徹社長)は25日から、県内のリンゴ農家の協力を得て、単位面積当たりの木の本数を増やし収益率や生産効率を高める「高密植わい化栽培」の試験栽培を開始した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)