大相撲の阿武松(おうのまつ)部屋=千葉県習志野市=に所属する力士・鳴海智さん(20)=弘前市出身、本名同じ=は、今年初土俵を踏んだばかり。西三段目91枚目で臨んだ秋場所も4勝3敗と活躍し、連続勝ち越しを4に伸ばした。

 弘前第二中学校から強豪校である埼玉栄高校に進んだ。在学中に膝の靱帯(じんたい)を傷める大けがを負ったが、高校総体では団体の好成績に貢献。リハビリ期間を経てプロの世界に飛び込んだ。

 目指すのはもちろん関取だが、「遠くのことは考えず、目の前の一番一番を頑張る」ときっぱり。「今があるのは、家族や中学時代のコーチ、リハビリを支えてくれた方などの応援のおかげ。恩返しをしたい」と、感謝の気持ちを忘れない。