五所川原立佞武多(たちねぷた)運営委員会は今夏の立佞武多の運行について、ハネトの一般参加エリアを廃止することを決めた。同エリアは正装とは異なる衣装を身に着けて騒ぎ回る「カラス族」を囲い込むために設けられていたが、運営委の規制の効果で減ったため、運行方法を見直した。これまで同エリアで受け入れていた一般参加者は、立佞武多の引き手として参加してもらう方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)