青森県東北町は24日、町の外郭団体の口座から計290万円余を引き出し着服したとして、町民課の女性主事(32)を懲戒免職処分にした。着服した金は遊興費に充てていた。口座の通帳や印鑑は上司が管理し、出金時にはその都度チェックするルールだったが、守られていなかった。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)