奥入瀬渓流の歩道を点検しながらごみを拾い集める参加者=24日、銚子大滝付近

 大型連休を前に、青森県は24日、環境省や森林管理署など5機関・団体と合同で、奥入瀬渓流歩道(子ノ口-焼山間、約14キロ)の点検を行った。歩道に落ちた大小の枝を取り除くなどし、観光客や行楽客が快適に散策できるよう環境を整えた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)