オープンから1周年を迎えた東京・銀座の飲食店「近畿大学水産研究所銀座店」は、近大の施設で養殖、直送された“近大卒”の新鮮な海の幸が売り物。弘前市出身の福田未来さん(29)=埼玉県在住=はレセプション係として、来客の案内や予約受け付けに追われている。

 ブランドとして定着し、メディアで取り上げられることも多い「近大マグロ」のほか、カンパチ、マダイ、ブリなどを提供。「天然物と変わらないぐらいおいしく、値段はお安くなっています。年配のリピーターのお客さまが増えています」

 自身も魚が好きなので同店の求人に応募したという。「一番好きな魚は青森のサケ。焼き物もお刺し身も好きで、実家からよく送ってもらうんです」とほほ笑んだ。