成長した菜の花スプラウト。販売時は根を切り、パックに詰めた形となる

 青森県横浜町の「青森・下北ふるさとの会」(杉山徹代表)は5月、ナタネの発芽野菜「菜の花スプラウト」を発売する。カイワレ大根に似た食感で、弘前大学の分析では機能性成分が含まれることも判明。同会は菜の花の新たな利用の形として提案していく考えだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。