結婚式は親しい人だけでゆっくり―。ブライダル大手「ワタベウェディング」(京都市)が実施した調査で、今どきの大学生や大学院生が思い描く結婚式のイメージが明らかになった。2014年に調査を始めて以来、盛大な挙式を希望する意見を初めて上回った。

 調査の結果、「こぢんまりと親しい人だけを呼んでゆっくり過ごす」が52・2%に達し、「みんなを呼んで盛大にワイワイ楽しく過ごす」(47・8%)を抑えた。同社の担当者は「近年はプライベートな形の式に人気がある。料理など招待客をもてなす内容を重視しているのではないか」と分析している。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む