5月1日から新元号の令和が始まる。西暦と年号の換算は面倒だが、令和の場合、西暦の下2桁から18を引けば令和の年になる。18は「018(れいわ)」と語呂合わせをすれば覚えやすい。

 例えば西暦2020年の場合は18を引けば令和2年となる。逆に令和2年に18を足せば、西暦2020年になる。

 昭和の場合、西暦の下2桁から25を引いた値が昭和になる。反対に昭和に25を足すと西暦の下2桁になる。

 平成の場合、西暦に12を足した下2桁が平成に。反対に平成から12を引いた値に2000を足すと西暦になる。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む