青森県内の統一地方選後半戦の市町村選は21日、投開票が行われた。板柳町長選は現職の成田誠氏(66)が、新人で元町職員の佐藤文俊氏(58)を破り再選を果たした。投票率は板柳町長選が62.56%(前回比9.78ポイント減)となった。ほかに、弘前、八戸、黒石の3市議選の計76議席と、14町村議選の計157議席が決まった。3月29日告示の県議選から始まった統一地方選はこれで終了し、青森県の政治決戦は5月16日告示、6月2日投開票の知事選、7月の参院選に移る。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)