三厩駅で地元住民(右側)から歓迎を受ける「津軽海峡三厩マグロ号」の乗客

 JR東日本盛岡支社は20日、臨時列車「津軽海峡三厩マグロ号」を津軽線青森-三厩間で1往復運行した。青森駅現駅舎の開業60周年記念事業の一環。午前9時33分に青森駅を出発した乗客約60人は、列車内で津軽三味線の演奏を聴いたり、下車後に外ケ浜町三厩地区の観光名所を周遊するなど、楽しいひとときを過ごした。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。