釜臥山が映り込む潮だまりで潮干狩りを楽しむ家族連れ=20日午前、むつ市

 下北の春の風物詩となっている「芦崎湾の潮干狩り」が20日、青森県むつ市の海上自衛隊大湊基地内の同湾で開かれた。湾内は県内外から訪れた約1800人でにぎわい、大粒のアサリを掘り当てた参加者の歓声があちこちから聞こえた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)