東京都杉並区のJR荻窪駅の駅長を務めるのは青森市出身の原子博幸さん(54)=さいたま市在住。旧国鉄に入り、青森駅を振り出しに、青函博覧会(1988年)開催時の飲食店の店長、盛岡でのホテルマンなど主に生活サービス畑の仕事に長く携わってきた。

 「ホテルで働いているとき、料理を運んだだけで『わあ、きれい』『おいしい』と言われ、感動した。今もお客さまに『ありがとう』と言ってもらいたいし、言われる駅員を増やしたい」

 思いは徐々に周囲に浸透。昨年秋には駅員のアイデアで地元の名物・荻窪ラーメンの丼をかぶった駅のキャラクター「おぎドルちゃん」が誕生した。「少しでも地域の人に親しまれる駅になれば」