文科大臣賞に輝いた新関君の「折り紙電池」

 十和田市南小学校5年の新関琥太郎(にいぜきこたろう)君(10)が夢の技術を描いた絵「折り紙電池」が、「未来の科学の夢絵画展」(発明協会主催)で最高賞の文部科学大臣賞に輝いた。東京・上野の国立科学博物館で19日、表彰式が行われ、琥太郎君は「まさか最高賞とは。うれしい」と喜んだ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)