会見でeスポーツ協会の設立理念を説明する千葉会長(中)。左は高坂理事、右は大浦氏

 対戦型コンピューターゲームの腕を競う「eスポーツ」を青森県で普及させようと「県eスポーツ協会」が19日、発足した。今年秋の茨城国体で開かれる「都道府県対抗eスポーツ選手権」の「ウイニングイレブン(ウイイレ)2019」競技の青森県代表決定戦を6月9日に青森市のアスパムで開くことも発表した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。