養殖試験のサーモンを水揚げする関係者=18日午前5時すぎ、今別漁港

 青森県今別町沖で県や日本サーモンファーム(深浦町)などが試験養殖しているサーモンの水揚げが18日早朝、同町の今別漁港で始まった。海面養殖試験2年目を迎え、同町沖では昨シーズンの10倍の約15万匹を育てており、初日は約1500匹を水揚げした。作業は7月上旬ごろまで続き、県内外に出荷される予定だ。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)