青森県弘前市の弘南鉄道大鰐線・弘高下駅付近で起きた脱線事故を受け、弘南鉄道は18日、同市の中央弘前駅で会見した。同社の成田敏取締役常務は、事故現場周辺の枕木をさらに20本、コンクリート製のものに交換するなど、社を挙げて一層の安全確保に努めるとした。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)