両親が南部町(旧福地村)出身で、自分も同町生まれの歌手坂本りえさん=千葉県市川市=が今年5月、日本クラウンから念願のCDデビューを果たした。曲名は「おんなの酔い語り」。「やっと自分の歌が歌える。すごくうれしい」と喜ぶ。

 10歳のころから民謡教室に通い、成人してからもアルバイトをしながら、ずっとデビューの機会を狙っていた。「つらい体験もあったからこの曲に巡り合えた」と話し、作曲した沢しげと氏ら関係者に感謝する。

 歌詞には「三味線」や「じょんから」といった青森を連想させる言葉も。悲恋の内容ながら「曲調は明るくてノリがいい」という。「元気になる曲なので、ぜひ覚えて愛唱歌にしていただければ」