第1日、18番でティーショットを放つ貞方章男。8アンダーで首位=東建多度CC名古屋

 東建ホームメイト・カップ第1日(18日・三重県東建多度CC名古屋=7081ヤード、パー71)男子の国内初戦はツアー初勝利を狙う39歳の貞方章男がボギーなしの8バーディーで63の好スコアを出し、デービッド・オー(米国)とともに首位に並んだ。

 1打差の3位に24歳の松原大輔がつけた。さらに1打差の4位に3年ぶりに出場した池田勇太や星野陸也ら5人が並んだ。昨年の賞金王、今平周吾は69で35位、前回王者の重永亜斗夢は70で53位スタートとなった。石川遼は腰痛のため欠場した。

(共同通信社)
>> もっとくわしく読む