国内にある全77刑務所慰問を目標に立てている南部町(旧名川町)出身の歌手・琴けい子さん(千葉県浦安市)は今年9月、初めて仙台刑務所を訪れた。1982年に慰問を始めて以来、計45回、区切りの30カ所目となった。

 同刑務所の受刑者の平均年齢は43歳。「ここから出たら母に会いたい」の歌詞で始まる持ち歌の「のぞみ(希望)」を歌うと、約600人の聴衆からはすすり泣きも。花笠音頭や斎太郎節など東北の民謡メドレーを披露すると手拍子で応えてくれたという。

 「来年は帯広など今まで行ったことがない所に行きたい。体調に気をつけて、これからも元気に続けていきます」と張り切っている。