働き始めた料理店で八戸前沖サバを調理する笹山さん=4日、東京・北千住
弟の大成道関(右)が初めて十両昇進を決め、一緒に記念写真に納まる笹山兄弟=2017年(笹山さん提供)

 力士としての夢は弟に託し、古里が誇るサバと向き合う。1月の大相撲初場所を最後に引退した元幕下・笹山の笹山数馬さん(29)=青森県八戸市出身=は現在、郷里の味覚を提供する東京・北千住の料理店で焼き台の前に立ち、八戸前沖サバの調理を担当する。弟の大成道関(26)=本名・喜悌(よしとも)=と共に兄弟力士として高みを目指したが、関取には届かなかった。弟の躍進を願いつつ、自らは料理人の道を歩み始めた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)