東北電力が東通原発の敷地周辺で実施しているボーリング調査

 東北電力は17日、東通原発(青森県東通村)敷地内や周辺で実施している地質構造補足調査の現場を公開した。9月までの工程でデータを収集し、東北電が示している断層評価のより詳細な根拠として提示したい考え。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)