今別町出身の阿部久志さん(55)=東京都新宿区=は昨年11月からJR山手線の新大久保駅長を務めている。もともと自宅が同駅から徒歩5分の距離。「えっ、いいの?」と喜びの声が出た驚きの人事異動だった。

 1978年に青森機関区に採用され技術者として働いてきたが、国鉄民営化に伴い品川駅の飲食店に配属。びゅうプラザ勤務など観光業務も身につけた。「われわれは接客業。駅員には『優しい駅と思われるよう取り組もう』と言っている」

 新大久保駅周辺といえばコリアンタウンとして有名。駅長になってから地域住民と交流を深めようと奔走している。「駅長は大変だけど喜びでもある。この関係を次にもつなげていきたい」