弘前市出身の大高勇輝さん(31)=東京都港区=が今年2月、東京・新橋2丁目に念願の自分の店「酒肴場 屯(たむろ)」をオープンした。品ぞろえ豊富な日本酒と青森県の食材をふんだんに使った料理が店の目玉で、12月中は多くの忘年会客でにぎわっている。

 店名には「多くの人が集まるにぎやかな店に」の願いを込めた。開店のうわさを聞きつけ前に働いていた店の客のほか、母校・柏木農業高校時代の友人や恩師も駆けつけてくれた。「卒業して10年以上もたつのにうれしい」と顔をほころばせた。

 もっと繁盛させて早く店を大きくしたい? 「いえ。ここでじっくりと、ちゃんと店の営業が安定するように頑張っていきたいですね」