16日に告示の板柳町長選は、新人で元町職員の佐藤文俊氏(58)と再選を目指す現職の成田誠氏(66)=ともに無所属=の一騎打ちとなった。両氏ともに独自の公約を掲げつつも町の課題である少子高齢化対策や農業の振興などを訴えており、有権者からは「争点が見えない」と投票先に悩む声も聞かれた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)