青森市教育委員会は本年度、市内全45小学校の運動部を地域主導のスポーツクラブに移行する取り組みに着手した。2020年度をめどに完全移行を目指す。背景には、少子化による部活動数の減少や教職員の多忙があり、学区をまたいで柔軟な編成ができるクラブ化を進めることで、子どもが居住する地域にしばられずに好きなスポーツを選べるようにする。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。