いけすから水揚げ後、活け締めされる深浦サーモン=16日午後、深浦漁港

 大規模サーモン養殖事業に取り組む青森県深浦町の日本サーモンファーム(岡村恒一社長)は16日、本格養殖に移行後初めてとなる「日本海深浦サーモン」の水揚げを深浦漁港で行った。同社は町内にふ化から中間養殖、海面養殖まで一貫生産体制を構築。この日の第1弾は町内向けに出荷した。今後は県内外への出荷のほか、海外輸出も見込む。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)