一部で花が開き始めた「弘前枝垂れ」。園内のソメイヨシノや近くにある「御滝桜」より3、4日早く咲くとされる

 弘前さくらまつり開幕を20日に控え、弘前市公園緑地課は15日、今季最後となる弘前公園の桜開花予想を発表した。園内のソメイヨシノは21日開花、26日満開とほぼ平年並みの見通し。それぞれ前回予想より1日早まったが、10連休前半には満開のソメイヨシノ、中盤には「花筏(はないかだ)」や花吹雪、遅咲きのヤエベニシダレを楽しむことができそうだ。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。