道具を使い、脱線した車体を持ち上げ線路に戻す作業員=15日午後7時ごろ、弘前市紙漉町

 青森県弘前市紙漉町の弘南鉄道大鰐線で列車が脱線した事故で、列車が左カーブを走行中、先頭車両の左の車輪一つがレール内側に外れて脱線したとみられることが運輸安全委員会の調べで15日分かった。カーブ途中にあるレール下の枕木の老朽化により、枕木を留(と)めるためのくぎが複数箇所で約数ミリ浮き上がっていた。同委員会は事故との関連について調べる方針。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)