富士通は15日、スーパーコンピューター「京」の後継機の設計を完了し、製造を開始したと発表した。現行機の100倍の計算速度を目指す後継機は「ポスト京」と呼ばれ、理化学研究所と共同で開発を進めている。早ければ2021年にも運用を始める。

 子会社の富士通ITプロダクツ(石川県かほく市)が製造を担当。完成後は、理研の計算科学研究センター(神戸市)に設置する。富士通と理研は14年にポスト京の設計業務を始めていた。新薬開発や防災分野などへの応用が期待されている。

 現行の「京」は、スパコンの計算速度を競うランキングで世界1位を獲得した実績を持つ。

(共同通信社)