五所川原市ゆかりの抽象画家・佐々木宏子さん(67)=東京都世田谷区在住、写真左=が同区奥沢に現代アートの展示スペース「OKUSAWA-CADD」を1年間限定でオープンした。

 両親が同市出身で、自身も本籍を同市に置く佐々木さん。現代アートを啓発しようと、6年前に閉店した知人のパン屋店舗を借り受け、真っ白な内装に改装。約12畳の展示空間をつくり上げた。

 空間デザイナー市川加織さん(23)ら建築、デザイン、写真など多彩な作家の作品を1カ月ごとに展示替えする。佐々木さんは「健康な精神の現代アートを標ぼうし、この小さな空間から現代アートを大いに刺激していきたい」と話した。入場無料。