鮫神楽発表会で「三番叟」を踊る子どもたち
白い面を着け「翁舞」を踊る川端さん

 青森県無形民俗文化財「鮫の神楽」を受け継ぐ若者らによる恒例の鮫神楽発表会が14日、八戸市の鮫町生活館で開かれた。地域の伝統芸能を受け継ごうと、練習に励んできた13人は、堂々と成果を披露した。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)