事故当日の訓練状況を説明する丸茂航空幕僚長=12日、防衛省

 航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、防衛省航空幕僚監部は12日夜、事故機の操縦士が訓練中止を告げた1分後に、レーダーから機影が消えたことを新たに明らかにした。操縦士が何らかの異常を認識し、無線で中止を伝えた直後に墜落が始まった可能性がある。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。