【阪神-中日1回戦】7回阪神1死、代打木浪がプロ初安打を放つ=甲子園

 阪神のドラフト3位新人、木浪聖也(青森市出身、青森山田-亜大出、ホンダ)が代打として出場した七回にプロ初安打をマークした。佐藤の直球を捉えた打球が中前へ抜けると、球場は大歓声に包まれた。18打席目で飛び出した待望の一打に「苦しんでいたのでうれしかった」。一塁ベース上で両手を突き上げ、喜びを爆発させた。(共同)

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)