世界自然遺産・白神山地の主峰白神岳の山頂付近にある「白神岳避難小屋」を修復するため、小屋を所有する青森県深浦町がふるさと納税制度を活用し全国に呼び掛けていた寄付金の募集が3月末で終了し、寄付件数980件、総額2616万6千円に達したことが12日、町のまとめで分かった。当初目標500万円の5倍以上の善意が全国から寄せられ、登山愛好家らの応援メッセージも届いている。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。