F35A墜落事故の捜索状況を説明する岩屋防衛相=12日午前10時1分、防衛省

 航空自衛隊三沢基地の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが青森県沖の太平洋に墜落した事故で、岩屋毅防衛相は12日午前の閣議後会見で、海上に加えて12日朝から潜水艦救難艦による海中の捜索も始めたと明らかにした。現場海域は水深が約1500メートルと深いが「可能であればぜひ(機体を)引き揚げたい」と述べた。

東奥ウェブ読者くらぶに入会されると記事全文がご覧になれます。東奥ご愛読者限定サービス(ご購読者登録無料)