JR北海道は10日、青函トンネル(全長53.9キロ)内の約4割の区間で17日から携帯電話が利用できるようになると発表した。同トンネル内ではこれまで列車走行中、通話ができなかった。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。