「一谷嫩軍記」を熱演する福浦芸能保存会のメンバー
「太閤記九段目」では地区外の男女(中央の3人)も出演し、舞台を盛り上げた

 青森県佐井村福浦地区で明治中期から120年以上、漁師らが受け継いできた「福浦の歌舞伎」の春祭り特別上演が10日、同地区の「歌舞伎の館」で行われた。後継者不足が深刻化する中、演目の一つで昨年に引き続き、地区外から出演者を募集した。出演者は地元住民やツアー客ら計約150人を前に、堂々の演技を披露した。

東奥日報デジタルポートに入会されると記事全文がご覧になれます。